カメラ散歩

カメラ散歩

プロカメラマンっぽく撮るコツ

素人が撮影した写真とプロやハイアマチュアが撮影した写真では、雰囲気が違うのは、誰が見てもわかると思います。その決定的な機材は、カメラやストロボなどの機材による違いではありません。ましてや、写真加工の技術でもなく、撮影のコツの違いなのです。プロっぽくみせるコツは、写真の構図にあります。素人が撮影した写真は、大抵、カメラマンが撮影したいもの、主題を真ん中にきます。これは日の丸構図と呼ばれるもので、一番素人にありがちな構図です。では、見せたいまたは撮りたいものを写真のどの位置に置くといいかといいますと、それは、写真を縦と横を三分割し、その線が交わったところに置くとどんな写真でもそれらしくなるでしょう。もちろん、真ん中に主題がある日の丸構図でも素晴らしい写真はありますので、それを否定するものではありませんが、日の丸構図にする場合は、主題が太陽やヒマワリなどインパクトがあるものを選ぶと迫力のある写真となります。

カメラで美しく写真を撮るコツ

カメラの種類は、デジカメや一眼レフやスマートフォンなど色々な物がありますが、写真を美しく撮影する為には、カメラの性能だけでなく、撮影するコツを知っておく事も大切です。撮影するコツとしては、構図をしっかりと考える事、昼や夜などの撮影時間に応じて太陽などの光の加減を考慮して撮影する事、被写体をハッキリと撮影するのを意識する事です。デジカメやデジタル一眼レフでは、彩度やホワイトバランスなど細かい設定が出来ますので、これらの機能を最大限に発揮しますと、綺麗な写真を撮影しやすくなります。美しく撮影するだけでなく、少し趣のある写真を撮影したいのであれば、スマートフォンにカメラアプリをインストールして、フィルタを掛けて撮影するといった方法も効果的です。カメラアプリは、アプリストアで多数公開されていますので、色々なフィルタを追加していく事が可能です。セピア調にしたり、おもちゃのような雰囲気を引き出したり、絵画調に仕上げたりといった事が出来ます。

recommend

最終更新日:2018/10/29